セブにある貴重な銭湯・KAGURA(神楽)。 見た目は日本のサウナ付き銭湯。セブに住む日本人愛用の銭湯です。 今回は、銭湯KAGURAの紹介です。

 

セブの銭湯・KAGURA(神楽)

セブ島にいて時々思うことが、「風呂に入りたい」ということ。 海外のお風呂はシャワーのみが基本なので、湯舟につかるという文化はあまりありません。 もちろんここフィリピン・セブ島にもお風呂という文化はありません。

 

今回ご紹介するKAGURA(神楽)はフィリピン・セブで銭湯に入ることができる、日本人にとっては天国な場所。 サウナも付いていて体も洗える。そして値段が250ペソとお得なプライスです。 女性にはあまりおすすめできませんが、十分にリラックスできるKAGURAの銭湯を紹介していきます。

 

KAGURA(神楽)の銭湯の様子

神楽の銭湯は、大きなお風呂と水風呂、サウナと洗い場、とシンプルです。 右側が水風呂、左二つが暖かいお湯になっています。 お風呂の温度は日本人には最適な温度設定になっていて、長時間ゆっくりとくつろぐことができます。

 

洗い場&お風呂

KAGURAの銭湯にはもちろん洗い場も付いています。(もちろんホットシャワーです。) ボディーソープは無料でもらうことができますが、こだわりがある方は自前のボディーソープ、シャンプーを持っていくと良いでしょう。 バスタオル、小さいタオルは無料で借りることができます。

 

サウナ

KAGURAにはサウナもあります。 4.5人くらいが入れる小さなサウナですが、セブではとても貴重なサウナです。 KAGURAの良い所はスタッフの人が冷たい麦茶を持ってきてくれること。 サウナから上がってコップに入った麦茶をがぶ飲みし水風呂につかる、というのが至福の時です。

 

KAGURAのロッカー

KAGURAには鍵付きのロッカーがあるので安心! 脱衣所は小さいスペースですが、髪を乾かす洗面台(ドライヤーあり)など必要最低限のものが揃っています。

 

バスタオル・タオル無料貸し出し

KAGURAの良い所はバスタオル、タオルが無料で借りれること。 ロッカーのカギも無料です。 朝風呂感覚で開店直後に行くのが空いていて、お湯もキレイなのでおススメです。

 

KAGURA(神楽)の場所・営業時間・料金

KAGURAはマンダウエ市のASフォーチュナ通りにあります。 KAGURAはレストランを展開しており、KAGURAの銭湯はレストランの外、左奥にあります。 CEGAからはタクシーで約30分、140ペソ程の距離にあります。

 

KAGURAの営業時間・電話番号・料金

入浴料:250ペソ(時間無制限、バスタオル、タオル付、ロッカー無料)

営業時間:月曜日~土曜日 11:00~26:00 / 日曜日 11:00~24:00

電話番号:032-346-1962

 

まとめ

セブで唯一入れる銭湯・KAGURA。日本人経営の安心銭湯です。 夜はお湯が汚い時もあるので、朝に行くのがおススメです。 また、KAGURAのSPAも意外とクオリティが高いので、銭湯に入った後にセットでマッサージをうけるのもおすすめです。 週末、英語学習の息抜きに是非行ってみてくださいね。