CEGAはこんな方たちを応援します

親子留学

親子留学

CEGAの親子留学のメリットのご紹介

CEGAは親子や家族で留学されたい方々を応援しています!留学を通じた家族での海外生活は、忘れることのできないアルバムの貴重な1ページとなることでしょう。
親御様のご希望に応じ、またお子様の年齢等を加味しながらカスタムメイドな留学プランをご提供させていただきます。親子だけのミニグループクラスを設定することも可能です。

親子留学 留学費用について

留学費用ですが、お子様の年齢や授業を受けるかどうか、宿泊施設のご提供方法などによって異なりますが、お子様の留学費用が大人の費用より安くなることはあっても、高くなることはまずありませんのでご安心ください。
まずはお気軽にご相談下さい。(親子留学のお子様の年齢は小学生以上が対象となります)

ご相談はコチラ → お問い合わせ

シニア留学

シニア留学

CEGAのシニア留学のメリットのご紹介

ご自身のキャリアを引退された、子供が自立して自分の為に時間を使えるようなったなど、第二の人生を今まさに謳歌されたい方をCEGAは応援します!留学は若者だけの特権ではありません。留学をきっかけに若い頃は忙しくて叶わなかった夢を実現しませんか?「海外ツアー旅行だけでなく個人自由旅行もしたい。」「自分のキャリアを生かした海外ボランティアをしたい。」など、語学力アップにより活動範囲はぐっと広がります。

リタイア後を海外で過ごすための英語を

また、海外でリタイアメント生活をする日本人も最近増えています。現在、日本人に人気のリタイアメント先はオーストラリアやマレーシアなどで、いずれの国も英語が通じます。そしてここセブは、リタイアメントビザが最も簡単に取得できる地域の一つであり、過ごしやすい環境であることからリタイアメント後に移住、もしくは双方の過ごしやすい季節に合わせて日本とセブを行ったり来たりされる方も多くいます。まずは英語を習得しながらセブの空気を実際に肌で感じ、第二の人生プランを頭に描いてみませんか?

海外就労

海外就労

海外就労を考える人を応援!

昨今、自分の活躍の場を海外へと目を向ける日本人が急増しています。「長引く不況や新興国の台頭で、これ以上大きな成長が望めない日本の企業よりも、よりダイナミックな成長をとげている元気な海外企業で自分の力を試してみたい!」「仕事をしながら海外生活をし、現地の文化や人間を深く知りたい!」「海外でビジネスを始めたい!」等々、大きな志で日本を飛び立つことを夢みる日本人は多くいます。実際ここセブでも、日本人の就労人口は毎年うなぎのぼりに増え続けています。
CEGAはそういった方々を応援します!

就職・転職

就職・転職

就職・転職へのメリット

現在、外資系企業はもとより、もともと英語をあまり必要としていないようなローカル企業でも、採用時にはTOEICスコアー等、英語力をかならずといっていいほど確認されます。ここセブでも、コスト削減のために日本からの業務移転を加速させる企業の進出が激しくなっています。

英語力をつけて生き残るビジネスマンへ

まさに水が高いところから低いところへ流れるように、労働力も賃金の高い国から低い国へと移動するのは自然な現象で、もはやこれは誰にも止められません。いつ海外赴任してもいいよう、世界の共通語、英語だけは身につけておきたいものです。
CEGAはそういった方々を応援します!

ネイティブ英語圏へ再留学

ネイティブ英語圏へ再留学

韓国の海外戦略がセブ留学を流行らせた!?

もともとセブ留学人気の火付け役は韓国です。韓国は日本と比べ人口規模が小さく、国内需要だけでは大きな経済成長が望めないという事情もあり、早くから海外に目を向けた経済戦略を進めていました。そこで必要不可欠なスキルが世界の共通語である英語。一昔前の韓国は一人当たりのGDPも低く、一部のお金持ちしか英米等の留学はかないませんでした。そこで目をつけたのが、ネイティブ並みに英語を使いこなし、物価も安く、地理的にも近いセブでした。

ステップアップするためのセブ留学

約10年前よりセブへの留学生は増え始め、現在、年間数万人もの韓国人がセブ留学に来ています。彼ら韓国人の留学スタイルは、まずセブで3∼6ヶ月留学し、ある程度の日常英会話力などの基礎英語を身につけ、そのままアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドといったネイティブ英語圏に再留学するというものです。このやり方は非常に費用対効果的に優れています。しかも初中級者の場合、同じ留学期間の、例えばネイティブ国に1年間留学と、セブ半年とネイティブ国半年を組み合わせた留学を比較すると、セブ半年ネイティブ国半年の組み合わせのほうが早くスピーキング力が上達することが分かっています。
そのワケはコチラ → フィリピン・セブ留学って欧米などの留学と比べてどうなの?

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

効率よく英語を学ぶための戦略としてのセブ留学

1∼2年滞在し、就労までできるワーキングホリデービザ。オーストラリア、ニュージーランドやカナダが人気のワーキングホリデー先ですが、通常、渡航後に数ヶ月、現地で語学留学し、その後、就労や旅行をされるというのが一般的なスタイルです。ワーキングホリデー中の現地留学をセブ留学で補い、日常英会話力を身につけておけば、現地留学せずとも、すぐに就労や旅行ができ、限られたワーキングホリデーのスケジュールを有効に組み立てることができます。

数分の1に抑えられる留学費用

しかもセブ留学のコストはワーキングホリデー先の留学の数分の一です。また、セブは日本とオーストラリアやニュージーランドの中間地点に位置しますので、移動コストのロスを抑えられるのも大きな利点です

海外旅行

海外旅行

フィリピン「セブ」を旅の拠点に

セブを拠点に海外旅行を始めませんか?日本からわずか4時間前後、暖かい気候、きれいな海、町は都会、治安もまずまずといった好条件のセブは、英語を学びながら旅の準備をするのに最適な場所です。セブや近くのマニラから各国への国際便が数多く飛んでいます。しかも最近は、各国の格安航空会社も就航しています。セブで旅への英気を養い、CEGAで英語を学びながら旅の情報収集をし、世界へ羽ばたいてください。
セブを旅のスタートラインとされる方をCEGAは応援します!

メールでのお問い合わせはこちら

お申し込みはこちら

体験レポート

オンライン英会話

ブライテック大学長からのご挨拶

TESDA

SSP

CEGA発!セブ島留学情報ブログ