CEGAはセブ島の大学、ブライテック大学の付属語学学校です。現地の大学生と交流をしながら実際に大学の授業に参加してみたりと英語を伸ばす様々な環境を提供することができます。CEGAの生徒さんがどのように大学の授業を受講しているのか?セブの大学はどんな感じなのかをご紹介します。

 

CEGAはセブの大学の授業を受講できる語学学校

CEGAはセブ島の語学学校では珍しい、セブ島現地の大学(ブライテック大学)の付属語学学校です。2階に大学の校舎があり3階にCEGAの校舎が位置しているため現地の大学生との交流、また実際に大学の授業に参加することも可能です。

 

語学学校の中だけで英語を学ぶのではなく、現地の英語が上手い大学生と交流をすることで、より実用的な英語を身に着けられる環境があるCEGA。DMEメソッド、平均講師歴8年のベテラン講師、そして現地大学との交流でスピーキング強化を全力サポートをするCEGA。大学の授業はどんな感じなのかその風景をお見せします。

 

ブライテック大学の授業はどんな感じ?

CEGAはコースなどの縛りは無く、授業のカリキュラムを自由に決められるのが特徴です。そのため自由に大学のクラスを受講することができます。ブライテック大学は1992年に設立された学校で最初はITの専門学校から始まり後に4年制の大学へとかわった大学です。

 

ブライテック大学のクラスのほとんどが英語で行われるため、CEGAの生徒さんの英語の勉強はもちろん、語学学校では学ぶことのできないアカデミックな分野で英語を学ぶことができます。また、きっとフィリピン人の友達を作ることができるでしょう。セブの大学の授業に参加することは、今後、アメリカの大学に進学予定の学生さんなどにおすすめな体験です。

 

セブの大学の授業に出て、英語の授業に慣れてからアメリカの大学に進学することが可能になり、細かい英語は付属語学学校のCEGAのマンツーマンクラスでみっちり勉強する。アメリカやイギリスなどのネイティブ圏の大学に進学する予定の学生さんに大変おススメの環境が整っています。

 

ブライテック大学の授業参加の体験談

今回、アメリカの大学に進学予定のCEGAの生徒さんがいたのでブライテック大学の授業に出てみた感想を聞いてみました。ブライテック大学で授業をしてみようと思った理由、授業の内容やレベル、感想をインタビューしてみました。

 

Q:CEGAのブライテック大学の授業を受けてみようと思った切っ掛けは?

「自分は現在、CEGAでTOEFLの勉強をしています。TOEFLのスコアを取ってアメリカの大学に進学予定なのですが、TOEFLは結局は試験。TOEFLを勉強する=試験対策の勉強をするという感覚になっていました。そこでCEGAでは英語でクラスを行うブライテック大学の授業に参加できるので、実際にアメリカの大学に入学した後のクラスについて行けるよう、英語の授業に慣れようと思ったのでブライテック大学の授業を受けてみることにしました。

 

Q:ブライテック大学授業のレベル・内容は?

ブライテック大学の授業を受けてみて、大学の授業の方がはるかに難しくて最初は全く授業についていけませんでした。語学学校で学んでいる英語と実際に大学で使われている英語は全く違いました。また語学学校では先生はゆっくり分かりやすい英語で喋ってくれますが、大学の先生は、日本の大学でも言えますが、先生それぞれに訛りがあり、とても早口で喋る先生、黒板全く使わない先生など様々です。本当に英語がある程度のスキルが無いと本当の意味では授業についていけないのでモチベーションも上がりましたし、英語は断然上達しました。

 

Q:ブライテック大学で英語を勉強した感想は?

ブライテック大学で勉強できて本当に良い経験になりました。英語を使うクラスに慣れるといった点でもメリットがありましたが、現地のフィリピン人の友達を作ることができたのが一番大きかったかもしれません。フィリピン人の学生は皆CEGAの先生に近いくらい英語が上手いです。放課後や休日に一緒に遊びに行ったり、もちろんコミュニケーションは英語でなので、必然的に英語を話す機会が増えスピーキング、リスニング能力は自然と上がった気がします。

 

セブの大学の特徴・メリット

CEGAにはブライテック大学で授業を受けることができますがセブの大学はどの様な感じなのか?セブ島の大学の特徴は主に2つあります。学費の安さと授業が英語で行られる点。セブの大学の学費は一番高い大学でも年間約20万円ほどで行けてしまいます。アメリカの大学に進学する3割以下の値段でBachelor Degree(学士号)を取得することができます。

 

また、フィリピン・セブの大学では授業が英語で行われるため、留学生の方も授業を理解することが可能です。また書物も全て英語、提出するレポートも英語で書きます。頻繁にクラス中にグループディスカッションなど、実際に英語で発言する機会がかなり設けられるためリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの英語の4つのスキルが自然に伸びる。これが大学のメリットの一つです。

 

また、大学に通うことにより現地の友達を作ることができます。フィリピンでは小学生の時から英語を学んでいるため、教育を受けられたフィリピン人はほぼ全員英語を喋ると事ができます。(日本人の少し喋れるレベルよりはるかに上) 英語の環境に身を置くことで英語はより効率よく伸びます。一番良い英語の勉強法は本ではなく友達作りとも言えるでしょう。

 

CEGAでは現地の大学の授業に参加し、アカデミックレベルで英語を学び、現地の大学生と友達になり英語を学ぶのに最適な英語環境を作ることが可能です。更にCEGA・語学学校内ではきっちりした英文法、DMEメソッドを利用してより効率よく短時間でスピーキングを学びことができます。

 

まとめ

セブ島では珍しい現地大学付属の語学学校CEGA。英語でクラスが行られるブライテック大学の授業に参加しアカデミックな英語を学び、またフィリピン人の友達も作ることができます。それ以外にもCEGAにはベテラン講師陣によるDMEメソッド等を使ったスピーキングに特化したクラスを提供しています。英会話力を伸ばすにあたって様々な環境を提供するCEGAで英語を学びませんか?