スタッフブログ

STAFF BLOG

2018.11.19

フィリピン・セブ島留学中に女性が選ぶべき服装まとめ

留学お役立ち情報

これからフィリピン・セブ島に留学する女性は現地でどんな服装をすればいいのか、女性がどんな洋服を持っていけばいいのか、今回まとめています。

フィリピン・セブ島留学中に服装で意識すべきこと

女性

憧れの語学留学にきて気持ちも晴れ晴れで現地でどんな服を着ればいいのか女性のみなさんはテンションが上がりますよね?でもそこはファッションが最先端のパリではなく、おしゃれな人しかいちゃいけないような雰囲気をかもし出すニューヨークではありません。みなさんが行くところとは発展途上国のザ・東南アジアのフィリピン。

フィリピンの女性は日本と比べるとファッションにあまり興味がない人が多く、ビーサン、ジーンズの短パン、キャミソール、以上!という服装の人が大半。ハイヒールなんて履いてたら「どこにパーティーいくの!?」って突っ込まれます。そんなファッションに無頓着なフィリピンですが、今回はフィリピン・セブ島で現地生活の適した服装、語学学校の中で適した服装をご紹介します。

 

フィリピンの気温に適した女性の服装

フィリピン。セブ島の年間平均気温は約30度ほど。1年中暑い気温のセブ島なので、女性に適している洋服は、半袖、キャミソール、短パン、ビーサンと思われがちです。確かに以下のアイテムは暑いフィリピンで生活するには欠かせない洋服のアイテムですが、場所によっては長袖を来た方が良い所、あまり高価な物を身につけない方が良い場所もあります。

今回はセブ島の語学学校の女性マネージャーが、これから留学する女性の方に向けて、現地で本当に必要な洋服を経験、具体的な理由でご紹介します。

 

女性のショッピングや外出時に適した服装

フィリピン・セブ島で買い物にいく時、ショッピングモールにいく時、女性はどんな服装をしていけばいいのでしょうか?答えは、「あまり高価なアイテムや洋服を着ない」ということ。クラブや高級レストランにいく時などを例外として、フィリピンでは基本的に外出時はシンプルな服装をするのがおすすめです。

シンプルな服装をした方が良い理由は、フィリピンの治安にあります。そもそもフィリピンではハイヒールや高価なブランドアクセサリーをつけている人が少ない。そしてスリなどが日本に比べると多い国なので外国人でブランド物を身につけている人はスリの標的になってしまう可能性があるのです。

それではフィリピンの外出時に「適していないアイテム」 「適しているアイテム」をご紹介します。

 

女性の外出時に適していない洋服・アイテム

  • ハイヒール
  • ブランド物のカバン、バッグ、財布、アクセサリー
  • ドレス
  • 必要以上に肌の露出度が高い服

一般フィリピン人も外出時に身につけている人も少なく、結構浮いてしまいます。これらのアイテムは、どこか高級なレストランに食事にいく時、クラブにいく時くらいしか着ることがないのでフィリピン・セブ島留学に持ってくる必要はあまりありません。

 

女性の外出時に適している洋服・アイテム

  • スニーカー、サンダル
  • たすき掛けできるショルダーバッグ、チャックで口が閉じるカバン
  • Tシャツ、汗をかくので乾きやすい服
  • 汚れてもいい服

フィリピンの外出時に適している洋服アイテムはシンプルな服装です。シンプルな服装の方がスリにあう確率も少ない。暑いフィリピンでは結構汗をかくのでシンプルにTシャツ、短パンの服装が外出は良さそうです。

 

女性が語学学校内で着るおすすめの服装

女性がフィリピンの外出時におすすめの服装はシンプルなTシャツ・短パンとおすすめしましたが、語学学校で着る服装は少し違います。語学学校内では上着もしくは長ズボンがおすすめです。

語学学校内、教室ではクーラーがかなりきいており、とても寒いのが印象です。個人差はありますが、パーカーなどの上着、特に冷え性の方は短パンではなく長ズボンの方がおすすめです。

 

女性の語学学校内に適していない洋服・アイテム

  • タンクトップ等肌を出し過ぎる服
  • シワになりやすいズボン、スカート

 

女性の語学学校内に適している洋服・アイテム

  • クーラーがきいているのでパーカー等の上着
  • 楽な服装
  • 長時間座るのでシワになりにくいズボン、スカート

 

女性のセブ島で旅行中に適している洋服・アイテム

セブ島を旅行中に適している服装は、シンプルな服装です。しかし、リゾートやホテルのデイユーズなど、きれいな海やプールリゾートへ遊びに行く時はもちろん少しくらいオシャレをしていっても大丈夫。なぜなら、街中とは違い、リゾートホテルはそもそも外国人観光客でいっぱいだからです。

リゾートでは普段街中で楽しめないオシャレを楽しみましょう。水着もビキニでもちろんOK!特に欧米人は日本とは違い、どんなお年寄りも、どんなに太った人でも、ビキニだらけです。誰にも遠慮はいりません。

海には行かない予定という人も、語学学校の仲間と週末にアイランドホッピングなど遊びに行くこともあるかもしれません。念の為、水着一式はスーツケースの片隅にでも用意しておきましょう。